ぬるま湯でふやけさせる

ラバーカップでも問題が解決しない時に

トイレのつまりはよく起こるトラブルの一つです。水道業者に来てもらわなくても、たいていの場合はラバーカップを使うことで打開できます。もし、ラバーカップを使ってもトイレがつまったままなら、ぬるま湯を使った方法に切り替えてみましょう。根気が要りますが、トイレをふさいでいる原因の物体を柔らかくできます。熱湯だと便器にひびが入って修理代が余計にかかってしまうので、少し冷ましてぬるくなった状態のお湯を使うようにしなくてはいけません。

ぬるま湯が有効なのは、溶けやすいものが詰まっている場合です。ティッシュペーパーをつまらせた場合は、この方法では解決しない恐れがあるので、普段からなるべく使わないようにした方が無難です。

どうやってぬるま湯を使えばいいのか

単純に便器にぬるま湯を流し込めばいいというわけではないので、実際にトイレのつまりを直す時にはやり方を覚えておく必要があります。トイレの中身が流れずに臭いが気になるまま作業をすることになるからです。ぬるま湯は便器の半分くらいの量で充分でしょう。この他に、重曹と穀物酢を用意します。穀物酢はカップの半分くらい、重曹はさらにその半分くらい使うので、普段から念のために常備しておくと焦らずに済むかもしれません。

ぬるま湯を流し込む前に、重曹と穀物酢の方を先に便器に投入します。すると便器で二酸化炭素が発生して泡が沢山出てくるので、一時間くらい放置してから、ラバーカップを使えば中身が溶けて流れるようになるという仕組みです。