浮袋が劣化している

トイレタンクの構造はどのようになっているのか?

トイレを使い終えた後は排泄物などを流すためにタンクレバーを回して便器に水圧を送り込み処理します。トイレタンク内の構造をある程度把握しておけばトイレタンクが原因で起きるトイレトラブルの解決方法を知ることもできます。トイレタンクは水を給水する装置、便器に水圧を送り込む装置、給水を開始・停止する装置の3つに分けることができます。この内、給水を開始する機能は、人がタンクレバーを回したことで、タンクレバーとフローティングバルブを接続しているチェーンが引っ張られて、フローティングバルブを開けて排水弁から水を便器に送り込みます。タンク内の水位は便器に流れる水で減少します。この時、トイレタンク内には浮玉と呼ぶボール状のパーツがあり、水位が下がると同時に浮玉の付け根に接続してあるボールタップが開いて給水を始め、浮玉の水位が標準位置に戻るとボールタップを閉じて給水を停止させる仕組みです。

浮玉は水位を監視するパーツです

浮玉は、水位が下がるとボールタップを開けて給水をスタート、標準位置に浮玉が戻るとボールタップを閉じて給水を停止させる重要な役割を持ちます。ボールタップと浮玉は支持棒で接続されており、水位調整が適切ではない時には支持棒の角度を変えることで調整ができます。尚、浮玉が何らかの理由で外れてしまうと水位を監視するための機能がなくなるので、水が流れても給水する機能も働らかなくなりますし、劣化などにより内部に水が入り込んでしまうと、最悪の場合浮玉は水の中に沈んでしまう、これが原因で給水が続きタンク内から便器に水が流れ続けてしまうこともあります。トイレタンクから水が流れ続けている時や手洗い栓から水が流れて来ない時などは浮玉が原因でトラブルが起きることもあります。