バケツの水を使う

バケツがあれば低コストで楽に解決

赤ちゃんやお年寄りの為のおむつがつまったり、スマートフォンなどを落としてしまった時には、業者に頼んで修理の見積もりを出してもらった方が早く解決します。もしトイレをつまらせている原因が水溶性のトイレットペーパーなら、バケツの水を勢いよく流し込むだけで問題が解決するかもしれません。冬にトイレがつまった時は熱いお湯を汲んで作業をしたい人もいるでしょうが、お湯は便器を破損させる可能性があります。水か、45度くらいのぬるま湯を使うのが無難です。

便器の中がつまったせいで水位が上がっている時には、前もって水を減らしておきましょう。この時、汚水でトイレの床が汚れないように、ビニールシートなどを敷き詰めておくと安心です。

どうやって水を流したらいいのか

勢いよくバケツの水を流して水圧をかけ続けることで、徐々にトイレットペーパーを押し流すためには、ある程度水を用意しておかなくてはいけません。便器の中の半分を満たす程度でいいでしょう。排水口に向かって、トイレの中の水が漏れ出てしまわないように、様子を見ながらバケツの水を流し続けます。この時、勢いが大事だからと言ってやり過ぎないことが大事です。成功したと思ったら、確認の為にトイレットペーパーを少し流してみましょう。

バケツの水を流す位置にもコツがあります。程よく勢いを出すために、少し高い位置から流し入れるのがポイントです。体力と根気がいるので、他に同居人がいる場合はその人にサポートしてもらうと楽に進められます。