ゴムフロートが機能していない

トイレタンクの中を見たい時の注意点

トイレタンクからの水漏れが起きている時、自分で修理をしてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。蓋を開ければすぐに中を見ることができるのもトイレタンクの特徴です。しかし、構造そのものを知らずに安易に蓋を開けると恐ろしい事態を引き起こしてしまうこともあります。それは、蓋を開けた瞬間水が勢い良く噴き出して来ることを意味します。トイレタンクに手洗い栓が付いているタイプは、手洗い栓と給水管が内部で接続してあり、蓋を開けると同時にバルブが開いて手洗い栓に送る配管から水が溢れ出て来ます。蓋が閉まっている状態の時には、バルブが開かなければ水は流れて来ませんが、蓋を上方向に開けると同時にバルブが開いて水が噴き出します。蓋を開ける時には止水栓を閉じてから行うことが大切です。

トイレタンクからの水が流れ続けているケース

トイレタンク内の水量は予め計算されたもので、浮玉と呼ぶボール状のパーツが水面に浮いていて、水位が標準位置に来た時にバルブを閉じて給水をストップさせる、水位が下がった時にバルブを開いて給水を開始するなどの仕組みを持ちます。トイレタンクからの水がいつまで経っても便器に流れている場合、バルブが閉じていないために起きるもので、流れて来る水はゴム製のフロートバルブやフローティングバルブから流れて来る水によるケースが大半を占めます。ゴム製のフロートバルブは排水弁の蓋、フローティングバルブは標準水位を超えても給水が止まらない時の水漏れを防止するための役割を持つ部品です。ゴム製のフロートバルブはトイレタンクレバーと鎖で連結されており、普段は水圧によりしっかりと蓋を閉じることができますが、ゴム製のパーツは長年使い続けると劣化してしまい、水が漏れて来ることもあります。